事業内容

機材の販売・保守点検業務

環境試験器を使って、こんな事思ったことありませんか?

槽内の温湿度は、本当に設定値通りにコントロールしているのか?
現在ご使用機器の性能及び精度を明確にする為、当社の計測器にて校正いたします。当社で使用している計測器は、ISO取得業者にて定期的に検定を受けております。
いろんなメーカーの機械を所有していて、校正/点検をメーカーごとに依頼すると余計なコストが掛かるのでは?
メーカー問わず国内外の製品を一括して作業いたします。
メーカーに校正/点検を依頼すると、料金が高い?
当社の料金体制は、環境試験機1台に対してではなく、作業時間で算出していますので時間内の作業であれば、校正ポイントや測定ポイントを増減が可能です。複数台での作業であれば、より低コストで済みます。点検作業のみでも承ります。
環境試験機メーカー以外の業者に、校正/点検を任せられるの?
当社担当スタッフは、環境試験機に精通しているスタッフなので、校正はもちろん点検や修理も行います。
校正/点検後の合否の判定基準は?
事前お打ち合わせにてお客様の製品の規格を決めていただきます。その規格に基づいて作業を行います。
(メーカー規格外及び対象機器の年式により、ご要望に副えない場合があります)

対応機種

恒温恒湿試験槽 プレハブ型恒温恒湿室 熱衝撃試験機 オーブン(高温槽)
超加速寿命試験機 塩水噴霧試験機 恒温槽と明記されている製品(要現物確認) 温調器単体
※一部輸入品及びお客様オリジナルの機器につきましては、対応不可の場合があります。

作業手順

保守点検作業の流れ

*1お打ち合わせ後、お見積り提出いたします。

  • お打ち合わせ時、対象機器を確認させていただく場合があります。
  • 作業実施中、対象機器に不具合があった場合別途修理いたします。*2
  • 槽内測定は基本的にテストエリア中心での測定になります。
  • ※以前のメーカー校正履歴をお持ちでしたら、履歴を参考にした作業を行うことも可能です。
  • *2修理につきましては、汎用部品であれば当社で用意いたします。但し、メーカー純正部品につきましては、入手困難な場合があります。

書類の内容

作業終了後、後日提出する書類は1台につき下記の6種類となります。

1.校正成績書
温調器(表示器)及び本体付属の記録計の校正結果
(メーカーにより温調器入力校正不可の機種あり)
2.測定報告書
槽内測定結果
3.点検報告書
点検作業を実施した時のみ発行します。
4.校正証明書
使用した校正器の校正証明書
5.トレーサビリティ証明書
使用した校正器の公的機関にトレースしていることの証明書
6.トレーサビリティ体系図
使用した校正器が公的機関の経路をあらわした図

お気軽に御相談下さい。