事業内容

バイオハザード対策用クラスⅡキャビネット性能検査(安全キャビネット)

安全キャビネットには性能検査が必要です

  • 当社では、どのようなメーカーの安全キャビネットも点検できます。

  • 検査方法及び検査項目はJIS(日本工業規格)K3800にある「現場検査(設置後検査・維持管理検査)」を基本としております。

  • 作業には日本空気清浄協会(JACA)の「バイオハザード対策用クラスⅡキャビネット現場設置検査技術研修」修了者が伺います。

  • 検査項目


      必須項目(JIS規格による)
      安全キャビネット図

      ①HEPAフィルター透過率試験(リークテスト)
      ・フィルタに破損や劣化によるリーク(漏れ)が生じていないを確認
      ・振動によるズレなどによりリークが生じていないかを確認



      ②風速試験(流入風速・吹出し風速)
      安全キャビネットは、流入と吹出しの風速バランスでエアブロックを作り出しています。
      検査では、この風速バランスが適正に保たれているのを確認します。
      ※キャビネットの性能維持として重要な項目となります。

    定期検査が必要な理由

    1. バイオハザード対策用クラスⅡキャビネット導入目的の検証
    2. ①実験者の安全確保
      ②コンタミ防止
      経年使用により、フィルタの目詰まりなどで乱入と吹き出しの風速バランスが崩れ、正しい性能が確保されていない場合があります。

    3. 法規や指針などに謳われています。
    4. 改正感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)により点検・維持管理が義務化されており、 特定病原体取扱い施設の安全キャビネットは、取扱い検体のハザードレベルに応じて1回/年以上~定期的に点検し、機能維持がなされることが謳われています。

    5. 実験や研究における使用機器としてのバリデーション(妥当性検証)
    6. バイオハザード対策用キャビネットは、繊細な調整が必要な精密機械です。 試験・実験・製造において「常に正確な結果を得る」ためには、使用機器に対してのバリデーション(妥当性の検証)が必要です。 特に、GMP・GLP・ISO/ICE準拠施設などでは機器に対してのバリデーションが重要になります。

    お気軽に御相談下さい。